ゲリー・ボーネル主催ヒーリングボディandスピリットアシュビルツアー

マインドフルネスを体験する旅
ゲリーボーネル
ゲリーボーネル
大野百合子
バランスのとれた人生を送るためには、どんな瞬間にも、考えと気持ち(フィーリング)がつながり合っていることが大切です。同様に私たちの身体が何を必要としているのかにちゃんと耳を傾けることも重要です。
考えていることと感じていることがつながっていないと、そのギャップは強迫神経症的な行動、つまり「ねばならない」的パターン行動を生み出します。私たちは、ある種の感情を感じないようにするために、ある種の思考を抑圧します。
そして、本当に深く、自由にそういった感情を体験する代わりに、それを抑え込むのに役立つ習性を発達させるのです。
そうなると、私たちの経験は、単に抑圧された思考と感情のみに支配されたものとなってしまいます。
私たちが自分を支配するこの抑圧の力から自由になれれば、私たちは真の本質(エッセンス)を生きることができるのです。
今回のワークでは、私たちの最も深いフィーリングにつながるプロセスを学び、私たちの最も大いなる思考を探求します。
Integration of Body, Mind and Spirit
To live a balanced life, it is important that we connect our thoughts and feelings in each new moment. It is also important that we listen to what our body needs.
When we disconnect our thoughts and feelings, the gape becomes a source for compulsive behaviors.
When we repress certain thoughts, it is to avoid certain feelings. Then, instead of freely experiencing our deepest emotions, we develop habits that help to repress those emotions.
The overall experiences we have are then dictated solely by repressed thoughts and emotions.
When we are free our self-directed repression, our true essence becomes our way of life. In this work, we can learn the process for accessing our deepest feelings and explore our greatest thoughts.
Gary Bonnell
ゲリー・ボーネル
ビルトモア
1889~1895年にジョージ・ワシントン・ヴァンダービルト2世によって建てられたフランスのルネッサンス形式の大邸宅。床面積は175,000平方フィートあり、部屋数は255、アメリカ合衆国で最も大きな個人邸宅である。ヴァンダービルトの子孫のうちの1人によって所有されており、アメリカ黄金時代の象徴のひとつとされている。
ゲリー・ボーネル ゲリー・ボーネル
アシュビルのダウンタウン
賑やかな山のふもとに、バロック様式やアールデコ様式の教会などが歴史ある建築物ある街並みが続いている。アシュビルはアーティストが集まる町としても有名で、ダウンタウンを歩いていくと様々なオブジェ、スタジオやアートギャラリーを見ることができる。さらに、世界各地の食とクラフトビール、ブルーリッジ山脈の荘厳な景色が楽しめる。
ゲリー・ボーネル
navitat
広大な面積を誇るアスレチックアドヴェンチャー。「今回、この場所はワークに必要で、チャレンジそして度胸だめし的な要素がある」とゲリーは語っている。
ゲリー・ボーネル
ゲリー・ボーネル プロフィール
株式会社ノウイング ミスティカルノウイングスクール代表講師
神秘家、心理学者、哲学博士、催眠療法家、企業コンサルタント。幼少時より体外離脱の能力をもち、アカシックレコードリーダの第一人者としてセミナーやセッションを行う。
形而上学、西洋と東洋の神秘主義、トランスパーソナル心理学などにおいて研鑚を積み続けている。著書に『アトランティスの叡智』(徳間書店)ほか。
ノウイングスクール
http://www.knowing-inc.jp/
ゲリー・ボーネル主催ヒーリングボディandスピリットアシュビルツアー - TOP